加藤清正生誕地: 名古屋市中村区・妙行寺
加藤清正生誕地: 名古屋市中村区・妙行寺

加藤清正、尾張国から熊本城へ

加藤清正とは、肥後熊本藩の初代藩主となった人物で、安土戦国時代から江戸時代前期に活躍した武将・大名として知られる。名古屋城の築城に際しては、江戸幕府の外様大名として普請の命を受けた。

加 藤 清 正
妙行寺・清正像

名古屋市中村区中村町
妙行寺の加藤清正像
時代安土桃山時代〜江戸時代前期
生死永禄5年6月24日(1562.07.25)生
慶長16年6月24日(1611.8.2)没
家系父母: 父・加藤清忠 母・伊都
別名幼名・夜叉丸  仮名・虎之助
正室: 玉目丹波の娘・正応院
側室: 水野忠重の娘で徳川家康の養女・清浄院
側室: 菊池武宗の娘・本覚院
側室: 浄光院
三男二女
男: 加藤忠正・加藤忠広・虎熊
女: 古屋・榊原康勝側室のちに阿部政澄側室
    あま・徳川頼宣側室


官位
肥後熊本藩主
官位: 従五位下、主計頭、
従五位上、侍従、肥後守、従四位下、贈従三位
戒名浄光院殿永運日乗大居士

織田家家臣として

加藤清正は、1562年に当時の尾張国愛知郡中村(妙行寺)で生まれたとされています。父・加藤清忠は、尾張の土豪でしたが清正の幼いときに亡くなっています。母・伊都は豊臣秀吉の親戚(秀吉の生母である大政所の従姉妹とも妹いわれています)で、木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が織田信長の足軽の時に2歳の市松(清正の幼名)が力強く石を曳く姿を見て家来に取り立てたといいます。
木下藤吉郎に仕えて、天正4年(1576年)に170石をあたえられました。妙行寺前

豊臣家家臣として

◆ 名古屋市秀吉清正記念館(左)と中村公園の一景(右)
中村公園の中には秀吉清正記念館や豊臣秀吉を祀った明治時代に建立された豊国神社がある。中村公園と名古屋市秀吉清正記念館(中村公園文化プラザ2階)織田信長が天正10年(1582年)に本能寺の変で自刃すると、加藤清正は羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に従ってその年の山崎の戦いに従軍した。その後、羽柴秀吉が西国を治め、関東をも治めて次の天下人として台頭すると、羽柴秀吉は柴田勝家と対立し天正11年(1583年)に賤ヶ岳の戦いがおこると敵将・山路正国を討ち取る武功をあげた。いわゆる賤ヶ岳の七本槍といわれる。この時、譜代の家臣がいなかった秀吉から3000石の所領を与えられた。
天正13年(1585年)7月に秀吉が関白に就いてからは、秀吉の九州征伐(天正15年)に従って、佐々成政の失脚後に肥後の半国25万石を与えられて熊本城で居城した。
肥後における治績は顕著で、田麦を特産化した上で南蛮貿易の決済品目にするなど商業政策に優れ、また治水事業にも実績を残している。
文禄元年(1592年)からの文禄・慶長の役では小西行長と首都・漢城の攻略を競うなど、数々の武功を挙げた。
しかし、明との和睦交渉に際しては石田三成と対立して秀吉に京に戻され、蟄居を命じられる。この間に、伏見の大地震が起きたが処分中にもかかわらず秀吉の許しを得ず、間違えば切腹ものであったにもかかわらず、いち早く救護に駆けつけたことから、秀吉はその忠義に報い朝鮮での罪を許した。この時地震加藤と称される。
その後、再び明・朝鮮で活躍したが、朝鮮では、石田三成や小西行長らの文治派と対立した。慶長3年(1598年)に豊臣秀吉が死去し、朝鮮より撤収した。
ところで、清正人参セロリの別名の一つで、加藤清正が日本に持ち込んだとされている。

■ 名古屋市秀吉清正記念館(中村公園文化プラザ2階):
住所: 名古屋市中村区茶の木25  電話:052-411-0035

関ヶ原の合戦から江戸時代

■ 慶長3年(1598年)に豊臣秀吉が死去すると、その後は五大老の徳川家康の養女を継室として娶るなどして家康に接近した。
■ 慶長15年(1610年)、徳川家康の命による尾張国名古屋城の天下普請に協力した。
■ 慶長16年(1611年)3月には伏見・二条城における徳川家康と豊臣秀頼との会見の機会を設けるなどして両者の和解を斡旋した。
■ その後の帰国途中の船内で発病した。慶長16年(1611年)6月24日熊本で死去、享年50歳。

病没後

加藤清正が亡くなって4年後には、徳川家康によって豊臣氏は滅ぼされた。加藤家も家督を加藤忠広が継いだが、寛永9年(1632年)に幕府より改易とされた。

加藤清正生誕地

加藤清正の生誕地は、豊臣秀吉の生誕地とされる豊国神社(中村公園内:昭和35年に妙行寺奉賛会が建立)の道を隔てた直ぐ東にある日蓮宗・妙行寺にある。加藤清正は、豊臣秀吉の母方の親戚筋にあたるとされている。
日蓮宗・妙行寺の程近くにある中村公園内の中村文化プラザ2階にある秀吉清正記念館に「木下藤吉郎市松の怪力に驚く図」(明治)もある。

◆ 妙行寺の加藤清正像妙行寺・加藤清正像

◆ 妙行寺本堂妙行寺・加藤清正像

◆ 妙行寺から近い市場は、加藤清正にあやかって「清正市場」といいましたよ。清正市場

加藤清正ゆかりの寺社

加藤清正ゆかりの寺社が、愛知県津島市にあります。津島市には全国津島社の総本社である津島神社がありますが、そこから程近いところに加藤清正ゆかりの寺社があります。清正公社というのが神社で、妙延寺というのが日蓮宗のお寺です。どうしたわけか、両寺社の前には加藤と名乗る家が奇遇にもありました。何やら加藤清正公とご縁でもあるのでしょうか?

◆ 愛知県津島市にある清正公社津島市・清正公社

◆ 愛知県津島市の加藤清正ゆかりの妙延寺、出入口が狭いのでついつい通り過ごしてしまいました。
津島市・妙延寺

◆ 愛知県津島市にある加藤清正ゆかりの妙延寺
津島市・妙延寺

サイトMENU

Copyright (C) 2008 名古屋城発見隊:意外と知らない!. All Rights Reserved.