名古屋城・石垣の刻紋
名古屋城・石垣の刻紋

名古屋城の石垣と刻紋、

順次、各石垣の刻紋を掲載していきます。
石への刻紋は、大名やその家臣が刻銘したといわれます。
石垣の数は相当数にのぼるため、できる限り掲載したいと思いますので些か時間がかかりそうですが、気長にお待ち頂けたら幸いです。

ところで、この刻紋はどうして彫るようになったんでしょう。その分手間がかかりますよね。でも、作業の途中でこの石は誰が掘ったのか、あるいは今掘り出し中だという区別が必要になったんです。大名や家来はその作業を継続して進みやすくするために目印をつけさせました。それが刻紋です。
ねっ!ちゃんと意味があるんですよ。

石垣の積み方

石垣の積み方も時代と共に進化していきます。詳細を記しましたのでご覧下さい。

野面積み(のづらづみ)

野面積み(のづらづみ)は、大きな石を積んでいって、そのすき間に小さな石を入れていく積み方です。羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の時代に行なわれた工法です。

打ち込みはぎ(うちこみはぎ)

打ち込みはぎは、江戸時代に行なわれた工法で、大きな石を積み、すき間がなくなるように打ち込むやり方です。

切り込みはぎ(きりこみはぎ)

切り込みはぎは江戸時代以降に行なわれた工法で、石を鏨(たがね)で削って四角形に形を整えた石を、すき間なくきちんと積み重ねたものです。打ち込みはぎよりも、さらに勾配の急な高い石垣が築けます。時代的には築城技術として最新の工法です。

名古屋城・正門の刻紋

まず、正門の石垣を見てみました。ありますね。
名古屋城・石垣の刻紋

名古屋城・石垣の刻紋

天守閣の刻紋

天守閣の石垣を造営したのが、加藤清正です。その証として刻紋がこれです。大天守の北側、不明門を北に出た直ぐ左手に見えます。解説が看板に書かれていますのでお読み下さい。「加藤肥後守内 小代下総」
天守閣の刻紋

名古屋城築城助役大名一覧

ここでは築城に参加した大名と藩・石高などを記した。

 
大名石高
筑前福岡黒田長政52.5万石
豊前細川忠興39.9万石
筑後田中忠政32.5万石
豊後佐伯毛利高政2.0万石
豊後高田竹中重利2.0万石
豊後臼杵稲葉典通5.0万石
豊後日出木下延俊3.0万石
肥前鍋島勝茂35.7万石
肥前寺沢広高12.0万石
肥後熊本加藤清正52.0万石
伊予加藤嘉明20.0万石
阿波蜂須賀至鎮18.6万石
土佐高知山内忠義20.3万石
讃岐生駒正敏17.0万石
長門・周防毛利秀就36.9万石
加賀前田利常119.2万石
飛騨高山金森可重3.8万石
播磨姫路池田輝政52.0万石
安芸福島政則49.8万石
紀伊浅野幸長37.6万石

サイトMENU

Copyright (C) 2008 名古屋城発見隊:意外と知らない!. All Rights Reserved.