名古屋城の清須櫓
名古屋城の西北隅櫓(別名:戌亥櫓・清須櫓)

名古屋城の櫓:東南・東北・西北・西南隅櫓

本来名古屋城には、4つの櫓がありました。東南隅櫓・東北隅櫓・西北隅櫓・西南隅櫓の4つです。現存しているのは第二次世界大戦での名古屋空襲でも焼失を免れたこの3つの櫓です。

東南隅櫓

重要文化財。昔の方角を意味して、別名・辰巳櫓(たつみやぐら)とも呼ばれます。屋根二層・内部三階の櫓。規模や構造は西南隅櫓と同じですが、破風(はふ)が異なっており落狭間破風になっています。創建当時の姿を伝えるもので、鬼瓦などに尾州葵の紋が見られます。
東南隅櫓

表二之門をくぐり、表一之門跡地側から見たところ。東南隅櫓

東北隅櫓

焼失しています。天守閣と丁度対称となる東に位置していました。旧二之丸東二之門近くにあった。別名は、きっと丑寅櫓?なんでしょうね。

西北隅櫓

重要文化財。西北隅櫓の別名は、戌亥櫓とも、清須櫓ともいわれます。他の建物に使用していた建築用材を転用して建築され、清洲城天守に使用されていた古材もあることから清須櫓ともいわれています。屋根三層・内部三階の櫓で、北面と西面には落狭間(石落し)を設け、これをカムフラージュするために千鳥破風が作られています。東面・南面には落狭間はなく、千鳥破風が施されています。
西北隅櫓

名古屋城内部から西北隅櫓を見たところ。
直ぐ近くに乃木倉庫もあるが、いずれの施設も近づく人は少ない。
西北隅櫓

西南隅櫓

重要文化財。昔の方角を意味して、別名・未申櫓と呼ばれます。屋根二層・内部三階の櫓で、南面・西面には軍事用に落狭間(石落し)をつくるため、張り出した屋根を設けています。
岐阜県根尾谷を震源とする濃尾地震では、石垣と西南隅櫓が一部崩壊しましたが、当時の宮内庁によって修理復旧がなされています。その為、鬼瓦には天皇家の御紋である菊花紋が施されています。
西南隅櫓

サイトMENU

Copyright (C) 2008 名古屋城発見隊:意外と知らない!. All Rights Reserved.