西の丸展示場

お城の用語集:あいうえお順

お城には独特の用語があって、よくわからないなんていうことが多いのではありませんか。そこで、少しでもわかりやすくするため以下に「お城の用語集」を作りました。

城用語城用語城用語城用語
石落し・いしおとし石垣・いしがき馬出し・うまだし大手・おうて
唐破風・からはふ雁木・がんき曲輪・くるわ勾配・こうばい
虎口・こぐち
作事・さくじ狭間・ざま敷・しき地取り・じどり
書院・しょいん数寄屋・すきや隅櫓・すみやぐら
多聞櫓・たもんやぐら千鳥破風・ちどりはふ天下普請・てんかぶしん天守・てんしゅ
天守台・てんしゅだい剣塀・つるぎべい桝形構・ますがたがまえ 土居・どい
外様大名
縄張り・なわばり海鼠壁・なまこかべ南蛮練・なんばんたたき法・のり
平城・ひらじろ普請・ふしん
馬踏み・まぶみ丸・まる

お城の用語

石落し石垣を上ってくる敵や石垣の下にいる敵に対して、石で攻撃するだけでなく、石垣の「勾配」を利用して石を広範囲に飛散させることができるようにしている。
石垣石材を土塁などと共に積み上げたもの。自然石をそのまま積んだ野面積(のづらづみ)、自然石を石垣の外側にあたる部分だけ平たく仕上げて積んだ打ち込みはぎ、立方体に切りだした石を隙間なく積みあげた切込みはぎに分けられる。
石垣の角(隅)は、「算木積」(さんぎづみ)にしているところが多い。中国で用いられた計算用の「算木」状の長方形の石を交互(こうご)に組み合わせた方式をいう。
馬出し本丸の表(大手)・東(搦手)の両門を守るために、その外に設けた土手をいう。
大手城の正面のことをいい、また正門のことをいう。これに対して裏を「搦手」(からめて)という。
唐破風神社の拝殿などに見られる軽く反曲した曲線状の破風をいう。「石落し」などを、たくみに擬装している。
雁木塁上へ登り降りするために設けた階段・石段をいう。降雪地の「雁木」とは違う。
曲輪それぞれの役割・機能に応じ、城内で区画された、小さな区域をいう。中世・戦国期は、「曲輪」といったが、その後は、「丸」というようになった。城は郭(曲輪)の配置形式により、輪郭式、悌郭式、連郭式に分類される。
 ■ 輪郭式: 本丸を中心に置いて、四周を別の郭で取り巻く形式
 ■ 悌郭式: 本丸の一方ないし三方を囲むように郭を配置する形式
 ■ 連郭式: 串団子のように郭を一列に並べる形式
名古屋城は悌郭式。
勾配石垣の最上部を天端(てんぱ)というが、そこの垂直になったところを、雨落し(あめおとし)といい、その下に反(そ)りをもたせたものを「寺勾配」(てらこうばい)といい、「雨落し」をとらないものを「宮勾配」、または「扇勾配」という。
虎口城の出入口のことをいう。小口・戸口・城戸など、小さな出入口で、いろいろな名がある。
作事天守・櫓・城門や藩主の居館・政庁などを建築することをいう。
狭間城内から弓矢・鉄砲で敵を攻撃するために造られたもので、「矢狭間」、「鉄砲狭間」などがある。外部からわからないように壁で塗り込めにしている。
塁の断面の底辺をいう。
地取り目的・用途により城の建設地を決めること。
書院本来は、中世に上層階級の人の住宅として発達したもので、名古屋の本丸御殿は、京都二條城の二之丸御殿とともに城郭御殿の代表的なものであったが焼失した。
数寄屋茶の湯を行う小さな座敷をいう。御深井丸の一角に多くの茶席がある。
隅櫓石垣の角(隅)に建っている。望楼と倉庫の用をかねていた。「櫓」は、矢倉・矢蔵・兵庫とも書いた。
多門櫓石垣の上に細長く建てられた櫓をいう。外部からは、単に「塀」のように見えたが、倉庫の用をかねていた。明治24年(1891)の濃尾大地震で倒壊していまはない。
千鳥破風天守・隅櫓の屋根に取付けた三角形の破風をいう。
剣塀塀の外側に槍の刃さきを並べて突き出した塀で、敵が石垣をはい上がって来た際に塀をのり越えないようにした塀のつくりをいう。忍び返し。
天下普請外様大名を助役として動員した大土木工事(普請)をいいます。
名古屋城には、北国、西国、九州の外様大名20名が助役を命じられました。
天守天守閣のことで、古くは殿主・殿守・天主とも書いたといわれます。名古屋城は、塔のようになっている形から層塔型天守といい、大天守と小天守の配置の面からは連立式天守となっています。
天守台天守の建築を載(の)せている石垣をいう。
土居土を掘って堀を作り、その土をかき上げ、または盛り上げて塁を作る。石塁(石垣)に対して、土塁ともいう。
海鼠壁土蔵などの外壁に方形の平瓦を密接させ、そのスキマを漆喰(しっくい)でカマボコ形に盛り上げた壁をいう。
縄張り「地取り」によって建設地が決まると、目的にかなった建築物などの配置設計を決める。このプランのことをいう。
南蛮練南蛮渡来の練土(たたきつち)をいう。石炭・赤土・砂利などに苦塩(ニガリ)をまぜ、水を加えて練り固め、土間・塀などに塗ってたたき固めたもの
塁の断面の斜面をいう。内側を内法(うちのり)、外側を外法(そとのり)と区別している
平城平城・山城(やまじろ)・平山城(ひらやまじろ)の3つに分かれる。名古屋城は、平城の代表的なもの
普請もともとは禅宗の用語。寺の堂塔建造などの役務に協力して従事してもらうこと。「普(あまねく)く人々に請う」が転じて普請となるが、建築を多くの人々に呼びかけて労役についてもらったことに由来する。築城の際の土木工事も普請という。
桝形構外門は高麗門(こうらいもん)で、内門を二階建ての櫓門(やぐらもん)とし、鍵形に建てて敵の直進を防いだ。
馬踏み塁上の平坦なところ。戦時に人馬が往来した。
本丸は本城(ほんじろ)ともいい、戦時には合戦の司令部が置かれるところ。二之丸は、本丸を守るために藩主の居館・政庁が置かれていた。また三之丸には、重臣の屋敷を配してお城の守りを固めていた。

サイトMENU

Copyright (C) 2008 名古屋城発見隊:意外と知らない!. All Rights Reserved.